悩む男性とカプセルの瓶
  • ホーム
  • 扁桃炎が痛くてたまらないときはジスロマック

扁桃炎が痛くてたまらないときはジスロマック

喉にイガイガとした異物感を感じたり、食事で物を飲み込む時に喉が痛いなどの症状が現れた時、それは扁桃炎の可能性があります。
発熱や倦怠感、関節痛などの症状が風邪と非常に似ているため、市販の解熱鎮痛剤や風邪薬を飲んで対処しようとするケースが多く見られますが、扁桃炎と風邪全く違う病気ですので、ほとんど効果は得られません。
一般的な風邪の症状が、ウイルスが外部から喉や鼻に侵入し増殖することで発症します。
けれど扁桃炎は、もともと喉に存在している常在菌が、疲労などを原因として免疫力が低下したことで増殖して増えます。
風邪と同様に体力低下やストレスが発症のきっかけとなるため、風邪と間違いやすい病気です。

そもそも扁桃腺とは、舌の付け根の両側にある小さなこぶのような器官です。
扁桃腺は免疫器官としての役割があり、外から体内に侵入しようとする様々な細菌やウイルスを撃退します。
しかし疲れやストレス、病気などで体が細菌やウイルスに抵抗する力が低下すると、扁桃腺の常在菌が増殖し炎症を起こし、扁桃腺が腫れることにより体にも多くの症状が現れます。

扁桃炎の初期症状は、扁桃腺やその周辺が炎症により赤く腫れ、食べ物や飲み物が喉を通る際に痛みや違和感を感じるのが特徴です。
初期症状が風邪と似ているので、悪化するまで扁桃炎を気づかない場合も多く見られます。
症状に気付いた時は、内科もしくは耳鼻咽頭科を受診する必要があります。
細菌感染の治療は、菌の増殖を抑えて殺菌作用がある抗生物質を投与します。

扁桃炎の治療薬として効果的なのが、抗生物質の一種ジスロマックです。
抗生物質は、各々が持つ特性によって複数の系統に分類されています。
全ての感染症は原因となる最近に感染した後、細菌が増殖することで症状が発症する仕組みです。
細菌が細胞分裂で増殖していくためには、体内でたんぱく質を合成する必要がありますが、ジスロマックはたんぱく質の合成を阻害することで細菌の増殖を抑えます。

風邪薬では扁桃炎は良くならないので注意

風邪薬には、風邪の原因となるウイルスの増殖を抑えるための成分が配合されています。
そのため、風邪とは異なる原因で扁桃腺に炎症を起こす扁桃炎を治療することはできません。
扁桃炎の治療には細菌の増殖を抑える抗生物質が必要で、その中でも効果的と言われているのがジスロマックです。
医療機関に行き診療を受けて、医師から処方を受けるのが一般的な入手方法です。

細菌の増殖を強力に抑えるジスロマックは、薬の成分に耐性を持ち始めた菌にも作用します。
飲み方も簡単で、1日1回3日間服用を続けるだけです。
1日に何度も飲む薬と違って飲み忘れることが少なく、確実な効果が期待できます。
ジスロマックの抗菌効果は1週間程度持続し、増えすぎて扁桃腺を炎症させていた菌を徐々に減らし、元の健康な状態の喉へと戻してくれます。

炎症による発熱や喉の痛みは自然と消失していきますが、どうしてもすぐに症状を軽くする必要がある場合、解熱鎮痛剤を併用できます。
ジスロマックは他の薬との併用禁忌が少ないため、使い勝手の良い抗生物質なのも特徴です。
解熱鎮痛剤は一時的に炎症を鎮めて、諸症状を和らげることができます。
ただし解熱鎮痛剤で腫れや痛みが消えても炎症を起こしている菌が消えたわけではありません。

ジスロマックに限らず抗生物質全般の注意点として、症状が軽減して服用を中止するなど中途半端な飲み方を行うと、病原菌の耐性を高めてしまう可能性があります。
飲み方や服用量を自己判断で変更したり、症状が改善した時点で飲むのを中止してはいけません。
治癒したように見えても原因菌はまだ扁桃腺に残っている場合は多く見られ、用法用量を守ってしっかり原因菌を死滅させることが重要です。

関連記事